兵庫県姫路市のコワーキングスペース【mocco】coworking space

  • Twitter
  • Facebook

reservation【ご予約はこちら】

event イベント

南町 Talking weekend vol.8【自分が動けばまちも動く~プレイスメイキングでまちを繋ぐ~】

【はじめに】

姫路コワーキングスペースmoccoのスタッフが、「是非この人にお話を聞きたい!」と感じた魅力的なゲストをお呼びし、お酒と軽食をあてにフランクに皆さんとともに交流する場。それが南町Talkingweekendです。

姫路城が見えるコワーキングスペース6階イベントスペースにて、いつもと少し違う特別で知的な空間をしつらえておもてなしします。

今回は「旅するMANABIYA」さんと共同開催!

ゲストは、プレイスメイキングXリージョナルメンバー 田村 康一郎さんです。

 

 

【イベントスケジュール】

18:30~

受付開始

 

19:00~

講演

テーマ「自分が動けば、まちも動く〜プレイスメイキングでまちを繋ぐ〜」

 

20:50~

参加者の皆さんと交流タイム

 

 

【こんな人のためのイベントです】

・まちづくりに興味関心があり、地域を良くしていきたいと思っている人

・乱発する地域イベントに「それってそもそも何のため?」と違和感を覚えている人

・まちの未来について、どうなっていくのかを知りたい、考えたい人

 

 

【参加費】

1,000円(別途1ドリンクオーダー制)

イベント当日、4F受付にてお支払いください。

 

 

【参加フォーム】

こちらからお申し込みください。

https://mtw8.peatix.com/view

 

 

【イベント詳細】

あなたにとって”まち”はどんな場所ですか?

いま都市は地域性を出そうとさまざまな試みが行われ、そこには市民の関わりが一層求められています。マルシェやワークショップなど、日常的にさまざまなイベントが行われ、市民参加が促されています。しかし、そのイベントは誰のためのものでしょうか?なんのために行われているのでしょうか?そのイベントの延長上にあなたの未来が見えるでしょうか?

「プレイスメイキング」は1960年代にアメリカで提唱された、あらゆる住環境において居心地の良い心的価値をつくり、生活の質を高める場所づくりの概念です。具体的には、未来のまちを想定し、そこを起点に今自分達が出来ることを『手軽に、速く、安く』行いながら”まち”を変えていきます。

そのプレイスメイキングを世界で唯一専攻課程として設けているPratt Instituteで学んだ田村康一郎さんをお呼びして、私たちが”未来のまち”に”今から関われる”ことを学んでいきたいと思います。

 

 

【ゲスト紹介】

プレイスメイキングXリージョナルメンバー/ソトノバライター/QUOLディレクター

田村 康一郎氏

「小さくても目に見える取り組みから、人間味のあるパブリックスペースづくりで世界をよくしたい」という想いから、プレイスメイキングの実践と普及に取り組む。パブリックスペース活用で先進的なニューヨークに留学し、世界初のプレイスメイキング修士課程をもつPratt Instituteに学ぶ。帰国後の2019年から奈良県生駒市に住み、「公園にいこーえん」などの活動に従事。昼間の仕事では、都市再開発後のエリアマネジメントに関するコンサルティングを行う。

プレイスメイキング以前のキャリアでは、アフリカやアジアでの交通・都市計画コンサルタントとして、年の半分を海外現地で過ごす。世界のまち探索がなによりの楽しみ。

 

 

イベント主催:合同会社hyphen × 旅するMANABIYA
後援:はりま家守舎株式会社

イベント詳細

開催日時
2020年01月24日(金)
開催場所
mocco 6F 大会議室
       
費用
1,000円+1ドリンクオーダー制(イベント当日、4F受付にてお支払いください。)

参加お申し込みはコチラから