Meetup レポート

場づくりMeetup

2019.11.23

【兵庫県・姫路市】自分たちの持つ「場」を磨き上げる【場づくりMeetup】

「なんとなく『場』を持って回してはいるけど、このやり方で合っているんだろうか……」

「人はある程度集まるようになってきたけど、イベントの目的に近づくような場づくりをできているか不安……」

これまでコワーキングスペースmoccoで立ち上がってきた様々なMeetupの主催者たちから、そうした声がちらほら聞かれるようになりました。どのMeetupも第2回、3回と回を重ねて来て、よりレベルアップを求める主催者が増えてきたのは個人的にとても嬉しいこと。

「集まってくれるみんなのために、もっともっと良い場にしていきたい!」

Meetupの主催者だけでなく、地域で様々な「場」を持って運営している人やこれから挑戦したいといった想いを持った人たちのために、この度「場づくりMeetup」を立ち上げるに至りました。

それぞれのつくりたい「場」がどういったものかを探りながら、ゴールへ向かっての課題を洗い出し、場づくりに関わるプレイヤーたちと一緒に考える濃密なMeetup。

今回はその様子をご紹介していきます。

場づくりMeetupとは!?

イベントやコミュニティの企画運営をしている人たち、「これから挑戦してみたい!」という人たちが実践や興味のある事例を持ち寄り、フィードバックし合いながら体系化、学びへと昇華していくコミュニティ。

立ち上げメンバーは姫路コワーキングスペースmoccoのコミュニティマネージャーであるロペスと、加西市の北条高校でキャリアガイダンスを行なっている宇高秀和くん。

そして今回のMeetupではアドバイザーとして団体職員のユースワーカーとして活躍されているX氏(行政関係の方なので匿名希望)が参画。基本的に上下関係のヒエラルキーを生まないMeetupですが、普段それぞれが「感覚」で行なっている場づくりをメタ的な視点でラベリングし体系化してもらうため、俯瞰的な役割をお願いしました。

Meetupとは……?

下記の三つを原則とした、少人数で行われる密なコミュニティ。

  1. 「興味ベース」「問題意識ベース」「課題ベース」で集まる場
  2. ただテーマについて話すのではなく「お互いの顔がわかった状態で話す」場
  3. すべての参加者は平等であり、特定の誰かに利する場ではない

継続的に実施し、お互いの仲を深めつつ、新しい参加者にも門戸が開かれている。それが「Meetup」です。

兵庫県姫路市のコワーキングスペースmoccoでは6月から様々な興味関心や課題意識にもとづいたMeetupを開催し始め、5人〜20人規模の少人数ながら密なコミュニティを形成。継続的な開催を目指しています。

カメラ・写真に興味関心のある人たちが集う「フォトMeetup」。
芝居やナレーション、ラジオを始め、声にまつわることに興味がある人が集う「VoiceMeetup!」。
デザインに興味関心のある人たちが集う「デザインMeetup」。
イベント主催者や飲食店・ギャラリーオーナーなど、自身の持つ場をより良くしていきたいとの想いをもった人たちが集い学び合う「場づくりMeetup」。
心理学に興味のある人たちが集まって学び合う「心理学Meetup」。

場づくりMeetup@姫路コワーキングスペースmoccoの様子

場づくりMeetup vol.1@姫路コワーキングスペースmocco

導入、アイスブレイク編

Meetupの最初は立ち上げの経緯と「Meetupとは何なのか?」を説明。宇高くんがスライドを準備してくれていました。用意周到……さすがっす……。

場づくりMeetupの最初、導入とアイスブレイクは宇高くんが担当。

キャリアガイダンスで関わっている北条高校をはじめ、様々な場でアイスブレイク(場をあたためて参加者同士の関係形成がしやすい環境をつくるワーク)を担ってきたプレイヤーです。

今回選んだワークは伝家の宝刀「似顔絵Remix」。これまで数々の場で実践してきたワークであり、彼の十八番のワーク。

「似顔絵〜?」といった掛け声に「リミックス〜!」と答える形で始まるこちらのワークは、「大きな声を一緒に出す」のは参加者の緊張をほぐし、その場で自己表現しやすくするための仕掛けとしてよく使われます。

掛け声の後は制限時間内に相手の顔の特徴を捉え、手元の紙に似顔絵を描きます。しかし制限時間は短く、時間内に描き切ることは到底不可能。なので何度かローテーションし、ペアを変えて完成するまで行います。

出来上がった合作は以下の通り。

「似てるー!」

という声や

「どうなってるんこれ!?」

といった声も。
みんなで笑い合いながら行えるワークで「うまく描く」プレッシャーも無いため、アイスブレイクにぴったりでした。

続いては「スケールライン」と呼ばれるワークへ。

起点を0とし終点を100とする直線上で、「背の順!」「誕生日順!」「今日ここまで来た距離の近い順!」といったお題に従って移動するゲーム。具体的な数値を言わない、話さずにジェスチャーのみなどといった制約を設けて行われることが多く、参加者の積極的なコミュニケーションをを引き出すことができます。

今回は「具体的な数値を言わない」が制約だったので、「一級河川を◯本超えた」「交通手段は◯◯だった」といった話をヒントに並びました。

こちらは制約の中で工夫を凝らしたコミュニケーションが盛んに行われ、参加者間での緊張感がほぐれる効果がありました。

宇高くんがワークを終えた後はX氏からのフィードバック(振り返り)の時間。目の前で行われた実践をその場で体系化し、なぜ効果があったのか、どうすればもっといい効果が出たのかを学びます。

X氏からのフィードバックは下記の通り。

【アイスブレイクのワークの良い点】

・アイコンタクト
ワークの中で必須となる「相手を見つめる」行為が自然にでき、お互いの距離をつめることができた。

・共同作業
全員で決められた活動を行うため、行動規範となる「これをやれば正解」がわかり、場に適応しやすくなり安心感が生まれた。

・コミュニケーションのきっかけづくり
ワークの中でコミュニケーションをとらなければならない場面がいくつか出てくるため、積極性がなくとも必要性でコミュニケーションをとることができ、徐々に参加者が慣れてきた。

・動きがあった
机と椅子といった膠着した環境ではなく、自由に動き回れる環境で交流することで、身体的にも精神的にもフラットに交流できた。

最後に、これは場づくりをする人の好みにもよるのですが、自己紹介の前にアイスブレイクを持ってくるやり方がおすすめとのこと。自己紹介はつまるところ自己開示なので、場が温まっていない状態で行うと建前や肩書きが多く出がちです。事前にアイスブレイクを行うことで本音でつながり、その人となりを知ることができるため、こうした形をとるプレイヤーも最近増えているそう。
これは面白そうなので、自分も今度挑戦してみます。

【実践者(宇高くん)の良い点】

・立ち振る舞い
前に立つ人が緊張した状態だと参加者も自然にその状態になってしまうため、実践者が努めて「笑顔」で「大きな声」でジェスチャーを交えながら話していたのが良かった。
明るい場をつくりたいときは明るい声と表情で。落ち着いた場をつくりたいときは落ち着いた声と表情で。
ここを意識して操作できている点が良かった。

・立ち位置
物理的な距離が離れると心理的な距離も離れる。最初は実践者が参加者の近くにいて随所で介入し、場が動き始めたらスッと下がって参加者に任せるのが大事。ずっと近くにいてると参加者は「実践者がなんとかしてくれるだろう」と依存するし、逆に場が動いていないタイミングで離れると参加者の一部は「放置された」と感じてしまう。
実践者は入りと出のタイミング感が良かった。

・評価をしない
アイスブレイクの時間は参加者に「被受容感」を持ってもらうのが大事。「これが◯でこれが×」と評価をしてしまうと、参加者は実践者の評価を気にして自分のありのままが出せない。その点実践者は絵の上手さを評価したり、ワークにおいての成果を評価したりすることがなかったため、参加者はのびのびと自己表現を行うことができていた。

KJ法、ワールドカフェ編

休憩を挟んで、次はKJ法を用いたワールドカフェ形式の議論の時間。こちらは私ロペスが担当させていただきました。

「KJ法」とは、ざっくり説明すると「付箋を使ったアイデア出し」のワークです。テーマや課題に対する答えを付箋に書き込み、それを模造紙上で種類分けし、似たようなアイデアを結びつけたり上位カテゴリでくくったりしてわかりやすくまとめる方法です。

「ワールドカフェ」とは会議の形の一つ。カフェのようなオープンでゆったりとリラックスできる環境で会議を行うことで、自由なアイデアがたくさん生まれるといった効果があり、様々な会議で使われています。

最初にそれぞれが持っている場、関わっている場について付箋に記入。下記項目にしたがってまとめてもらいました。

  • 場のゴール(どこを目指しているのか)
  • 場の属性(親和性動機か達成動機か)
  • 場に集まる人たちのクラスタ(層:出身地、社会的身分、年収、年齢志向など)
  • 場の規模(人数、頻度、参加費の額など)
  • 場の構成(役職、運営方法、参加方法など)

お互いの持っている場、関わっている場について共通認識を持った上でいよいよ議論へ。

皆さんには場に関わる当事者として、日々抱えている課題を付箋に書いて共有してもらうことに。ここで大事なのが「課題」であって「愚痴」ではないということ。

課題は「べき」「ねば」ではなく、あなたがどうできるのかを考えましょう。愚痴ではなく課題。相手や場に求めるのではなく、自分がどうするかを考えるのが大事。

「集客がうまくいかなくて……」

「関わってくれているメンバーのモチベーションをどう上げていくかが難しいんだよね」

「主体的に関わってくれる人たちってどうやって集めたら良いんだろう」

といった様々な課題があがる中、

「SNSを使ってみたらどうですか?」「紙媒体だと30代以上にアプローチしやすいですよ」

「主体性については、役割を与えるとそこで当事者意識を持って取り組む可能性があります」

など、参加者間でこれまで実践してきた経験からアドバイスがなされ、積極的に情報交換や対話が行われていました。

時間の関係もあり、全ての課題について深く考えることはできませんでしたが、ここであがった「集客」「メンバーのモチベーション」といった課題をテーマとして、次回からの場づくりMeetupを行なっていきたいなと考えています。

こちらもアイスブレイク同様、実践者であるロペスのワークに対しX氏からフィードバック(振り返り)をいただきました。
事前に「自分は何がどれだけ足りていないのかを知りたいので、課題点だけ教えて欲しい」と伝えていたため、良い点ではなく課題点についてフィードバックをいただく形になりました。

【実践者(ロペス)の課題点】

・場を掌握しようとし過ぎる
必要な成果を焦るあまり力技でゴールへ誘導しようとしており、介入が過剰になっている部分がある。この方法では成果が出やすい反面、参加者の場ではなく実践者の場になってしまう。
手綱をどこで手放すか、そのタイミングを見計らって「離れる」ことができればよりバランスの良い場をつくられるはず。

・参加者を「待つ」ことができていない
参加者からの答え、リアクションを待つ余裕が無い。それを無理やり引き出そうとしてしまうし、できてしまっている。「どう思いますか?」と投げかけて返って来なければ待つ、あるいは出てこないなら出てこないでそれが参加者たちの現状だということ。成果として良いものが生まれなくとも、「参加者に任せる」とはそういうこと。

場づくりMeetup vol.2@姫路コワーキングスペースmocco

導入・アイスブレイク編

vol.2ではX氏が導入を担当。

自己紹介ワークではA4の紙を二回折って四つの枠をつくり、それぞれ「本日のお名前」「あなたは何者?」「今日ここで得たいもの」「自慢じゃないですが◯◯です」といった項目を記述。

その後会場を自由に移動しながらペアをつくり、じゃんけんを行って勝った方が自己紹介をしました。

一回の自己紹介で紹介できる項目は一つだけ。じゃんけんで負け続けた参加者の中には「俺自分の名前しか紹介できていない……」なんて笑い話も……。

自己紹介ワークを終えたあとは、紙を折ってそのままネームプレートとして再利用。ここの工夫に参加者からは歓声が上がっていました。

引き出しのネタが豊かで遊び心があると、こういった部分でも惹きつけられるんですね。

続いてアイスブレイクワーク。
こちらはお馴染みの宇高氏が担当。

右手の甲にひよこのおもちゃを乗せて、左手を使わず体の接触のみで相手のひよこのおもちゃを落とすバトルゲームを行いました。

最初はお互い様子をうかがいながらも、徐々に相手に攻撃を仕掛け始め、時間を経るごとに盛り上がっていきました。

ここで前半の導入ワークが終了。
X氏からワークへのフィードバックは以下の通り。

【アイスブレイクワークの振り返り】

会場の温度が上がる。
ワークを終えた参加者に向け、X氏から「なんか暑くなってませんか?」と問いかけ。実際に会場の温度は上がり、上着が必要ないくらいの温度に。これがまさにアイスブレイクの結果だとX氏は言います。
氷を溶かす(場の緊張をやわらげる)ために喋る→コミュニケーションが生まれる→モチベーションアップ→会話が増え室温が上がる→会場がにぎやかに→あたたまるといった流れが見られました。

適度な緊張は必要
アイスブレイクは緊張状態の緩和が目的ではありますが、適度な緊張は学習の効率を高めるので、緊張を取り除けばそれでOKかというとそうではありません。
パフォーマンスと緊張の関係をあらわした有名な理論として、「ヤーキーズ・ドットソンの法則」があります。高すぎず低すぎない適度な緊張状態のとき、人は最適なパフォーマンスを発揮できるといった法則で、課題難易度の設定やペナルティの設定のバランスが大事だとされています。これは場づくりにおける参加者の動機付けに深く関わってくる部分ですので、興味のある方は詳しく調べてみてください。

動きがあり、参加者間の身体的接触が生まれるワーク
コミュニケーションは何も言語を介したものだけとは限りません。手を繋いだり肩を組んだり、身体的な接触が起こるときは参加者間の距離がグッと縮まります
ただ、ある程度場が温まっていない状態で行うと参加者の中には抵抗を感じてしまう人もいるので、徐々に接触を増やしていく形で組んだ方が良いでしょう。

場の環境が与える心理的効果
こちらはソフト面ではなくハード面のお話。
照明の明るさや温度よって場の雰囲気も大きく変わります。温かいぬくもりのある照明は副交感神経を優位に働かせてリラックス効果を生み、逆に白くて強い光は交感神経を優位に働かせ緊張効果を生みます。このあたりは少し古いですが、照明が人の心身に与える影響をあらわした「クルイトフ曲線」で詳しく説明されているので、興味のある方は調べてみてください。

体験学習のワークショップ編

後半は引き続き宇高くんが担当することに。
前回の場づくりMeetupのワールドカフェで課題にあがった「チームメンバーのモチベーション・主体性をどう上げるか」について、より学びを深めるワークが行われました。

参加者それぞれの考える「こういうチームだったら良いor嫌だ」をポストイットへ記入し、テーブルの真ん中に広げられた模造紙にまとめていくといった流れで進行。

人型の枠の中には「こういうチームだったら良い」について書いたポストイットを、枠の外には「こういうチームだったら嫌だ」について書いたポストイットを貼り付けていきます。

「こういうチームだったら良い」の箇所には

・トライアンドエラーが許される。
・信じて任せてもらえる。
・褒め合える。
・みんなが平等。
・目標を共有できている。
・全員がチームを好きだと感じている。

といった内容のポストイットが貼り付けられ、「こういったチームは嫌だ」の箇所には

・生産性が低い。
・設計がガバガバ。
・陰口や否定語が多い。
・意見を聞き入れる人が少ない。
・やる気の無い人がいる。

といった内容があがるなど、参加者から様々な意見が出されました。

最後は全体で模造紙を囲み、「これわかる!」「自分はちょっと違うかな」といった意見交換が行われました。自分が所属しているチーム・コミュニティや置かれているポジションなどによって意見が変わるのはとても面白かったです。

続いてのワークは上記の内容を受けて展開。箱いっぱいのレゴブロックをテーブルに広げて、二手に別れたチームで積み上げたブロックの高さを競うチーム対抗型のゲーム。ブロックではなくコピー用紙で行う「ペーパータワー」は就職活動で体験された方も多いかもしれません。

ブロックを積み上げる時間と、高くするためにどうするかをチーム内で話し合う時間が交互にあり、回数を重ねるごとに両チームとも高くなっていきます。

場づくり ファシリテーション Meetup コワーキングスペースmocco 姫路 兵庫 場づくりMeetup

制限時間内にどこまで高く積み上げられるか。

最後は全体で振り返り。チーム内でどういった話し合いが行われたか、工夫した点、高くできたコツなどが共有されました。

ワーク後はX氏からのフィードバック。以下のような内容についてお話をいただきました。

【ブロックタワーの振り返り】

私の「良かった」はチームにとって「良かった」なのか?
「高く積めればそれで成功」と考える参加者に対して、「あなたにとっての成功が、チーム全体の成功とは限らない」とX氏。結果さえ出せればそれでいいと考える人もいますが、チーム全体で達成感を噛み締めたり、感動を覚えることが成功だと考える人もいます。
チームには様々な価値観の人がいるため、チームとしての「成功」を考える際は一人ひとりの成功の考え方について話し合う必要があるのだと学びました。

理想のチームとは何か?(PM理論)
上記の振り返りから「理想のチーム・リーダーとは何か?」についてもPM理論を用いて言及。
「成果を上げられればなんでも良い」との考えは、目標達成能力が高いが集団維持能力は低い「Pm型」に分類されるとのこと。こうした図解で自分のタイプを知られるのは自己分析にも使えるので良かったです。

主体的に関わったからこその「愛着」
「高いかどうかは別として、自分はこの作品が美しいと感じる」との参加者からの振り返りについてX氏から言及。
「自分たちがつくったからこそ、そこに愛着が生まれるのだ」とのこと。高いか低いか、上手いか下手かは関係なく、愛を持てるかどうかは関わる人の主体性に影響されるそうです。

同じワークを過去に経験をした参加者にどう問いかけるか
「このワークは何度も経験したことがあるから特に何も気づきは無い」といった参加者には、問いかけの工夫で気づきを引き出すことができるとX氏。

・過去の経験と本当に”違い”はありませんか?
・今の活動、メンバー、場所。すべて同条件でやったのは初めてではありませんか?
・活動したにもかかわらず、変化がないのはおかしいと思いませんか?
・小さなことでも変化や気付きはありませんでしたか?

こうした問いを投げかけることにより、参加者に深い内省を促し、気づきを得られるようにアプローチするのも大切だとのことでした。

場づくりMeetup@姫路コワーキングスペースmoccoを終えて

「一番恥をかいた人間が一番成長する」

学生時代、教育学部の同級生100名以上の前で模擬授業をした際に恩師からかけられた言葉です。当時は模擬授業で文字通り大失敗をして大恥をかきましたが、それ以来上記の言葉を胸に刻み、挑戦できる機会があるならガンガン恥をかいていこうと取り組んできました。その場数が血肉となり、今の自分をつくっています。

今回人に評価される立場で場づくりを行ったり意見を述べたりしたので、当然恥ずかしい思いをする部分もありました。しかしそうした思いをしたからこそ、もう一度一からやり直そうと奮起する良い機会になりました。

このMeetupでの学びを生かし、日々の場づくりに還元していきます。ご参加いただいた同志の皆様、ありがとうございました!

場づくりMeetup@コワーキングスペースmoccoにご参加いただいた方がつくっている「場」

場づくりMeetup@コワーキングスペースmocco vol.1

ここでは場づくりMeetup vol.1にご参加いただいたみなさまが関わっている場についてご紹介。どこも素敵な場づくりをされているので、是非足をお運びください!

ミュージク&ブックカフェギャラリー「Quiet Holiday」

旅するMANABIYA

藤輪さんが主催している「場」。まちづくりに関わるプレイヤーをゲストとして招聘し、セミナー形式のイベントを行なっています。

MANABIYAのかえりみち
世界の広さ、人の優しさ、まちの多様性に触れ
心が少し大きくなり、心が少し温かくなり
明日が少し楽しみになって帰って欲しい
そんな思いで開催しています。
(HPより)

ライティング・フォトMeetup

paletteフォトライターの鶴留が主催しているコワーキングスペースmocco発のMeetup。文章を愛する人たちが集うライティングMeetup、カメラや写真を愛する人たちが集うフォトMeetupといった興味関心を核としたコミュニティ。

兵庫県立北条高等学校キャリアガイダンス

宇高くんが関わっている加西市の北条高校のキャリア教育プログラム。毎回20〜30人ほどの社会人ゲストを迎え、高校生と「働く」について考える機会をつくっています。

場づくりMeetup@コワーキングスペースmocco vol.2

VoiceMeetup!

自分の声に自信がない・人前で話すのが苦手・いつも一人で読み合わせしてるけどみんなでやってみたい!・収録したものを聞いてみたい!などなど…
芝居やナレーション、ラジオを始め、声にまつわることに興味がある人が集まり、声で遊んで声で楽しむコミュニティです。(募集フォームより)

参加者の投稿

場づくりMeetupにご参加いただいた皆様からの感想を一部ご紹介。
ありがとうございましたー!!

次回の場づくりMeetupの予定

  • 場づくりの腕を磨きたい。
  • 集まる人たちにとって、もっと意味や価値のある場を提供したい。
  • これからどんどん場づくりに挑戦していきたい。

そんな想いをお持ちの同志の方、是非一緒に場を楽しみ、場を学びませんか。
メンバー一同、新しい仲間に会えることを楽しみにしております。